山本寛が仮想通貨 「トワイライトコイン」発表

日本で空前のICOブームでも起きてるのかっていうぐらい、またしてもICOのニュースが。
今度は、アニメ監督のヤマカンこと山本寛氏が「トワイライトコイン」という仮想通貨を発表したみたいです。

このコインにより、今まで製作委員会方式というクローズドな資金の調達方法が、ファンの皆様を含め不特定多数の個人からの支援を受けられるようになり、オープンな資金調達方式へと変化致します。

との事。

まだ、このニュースリリース以外、まったく詳しいことは発表されていないけど、これはなんだか非常にわかりやすくて期待が持てるかもしれないと、思ってしまった。

オタクコインは何をしたいのか全く分からなかったけど、トワイライトコインは、
ICOで得た資金でアニメを製作 → トークンの保有量で利益を分配
というわかりやすい構図が見える。

製作委員会方式とは

アニメを作る場合も例にもれずどこかから資金を調達して製作を行うのですが、昨今のアニメ制作費の高騰とから、アニメのようなエンターテイメントコンテンツでは、1社がすべて負担して製作をするのは大きなリスクとなっています。

そんな資金リスクを回避するために生まれたのが製作委員会方式です。
製作委員会方式では、1社が幹事となって企業から出資を募り、利益が出た際は出資比率に応じて利益を分配したり、各利権(テレビ放映権や玩具、TVゲーム化など)の独占使用権を与えるなどの方法で利益を分配する。

トワイライトコインは製作委員会を置き換えるのが目的

概要しか出てないので、あくまで予想ですが、トワイライトコインがやろうとしていることは、この政策委員会の置き換えというのが目的と思われます。
従来の製作委員会では、大手放送局、出版社、ゲームメーカー、レコード会社などの限られた分野の企業だけがスポンサーしていました。
しかし、ICOを使いアニメで得た利益を分配すれば、広く一般から出資を募ることができます。

トワイライトコインの価値はコンテンツの人気で決まる

ICOで募った資金で製作されたアニメの人気が出れば、分配される利益が大きくなるので、トワイライトコインの価格も上がることが予想されます。
例えば、ワンピースのアニメがICOで得た資金で製作されていたとしたら、そのトークンは非常に高い価値を持つでしょう。アニメとしての価値がある限り、トークンの流通もなくなることがないでしょう。
逆に、ICOで製作されたアニメが鳴かず飛ばずだった場合は、一瞬で無価値なトークンになってしまう事も考えられます。

アニメセンスが投資に試される

ICOで得た資金で製作しようとしているアニメが売れそうなのか、そうでないのか、この目利きができないと投資に失敗するリスクが増えてしまいます。
でも、普段からアニメをよく見ている人なら、製作中のアニメが面白そうなのかそうでないのか、といったことが雰囲気で察せるかもしれません。
今まで磨いてきたアニメの感性を投資に生かすことができるチャンスです。

アニメ製作会社のメリット

アニメ制作会社のメリットとして考えられるのは2つ。

1つは、広く一般から資金を集められること。

もう1つは、作品の権利を手放さなくて済むこと。

1つ目は分りやすいですが、2つめの作品の権利について少し詳しく見ていくと、製作委員会方式では出資者に作品の権利が分散されてしまっていて、なにか新しいことをやろうとしても、権利関係が複雑すぎて結局何もできないといったようなことが起きます。例えば古いアニメをBlue-Ray化したくても権利者の所在が分からず、販売できないなど。

でもICOなら作品の権利を手放しているわけではないので、権利関係は製作会社の手元に残ります。何をするのも製作会社の一存で決められるので、フットワークが非常に軽くなるというメリットがあると思います。

 

最後に

ここまで書いてきた事は、トワイライトコインがアニメ収益を分配するためのものだという前提で話をしてきましたが、ふたを開けあら全然違うものかもしれません。
ちょっとだけ気になったトワイライトコインを今後も追いかけてみたいと思います。