オタクコインについて考える


オタクコインを語るためには、まずICOとは何なのかを理解する必要があります。ICOが理解できれば、Tokyo Otaku Modeという会社が行おうとしている、「オタクコイン」構想を理解することができるでしょう。また、みんなが抱いている違和感についても説明ができるようになるんじゃないでしょうか。

ICOとは

ICOとは資金調達手段の一つです。
何か事業を行おうと思ったっ場合、必ず資金が必要になります。
例えば、仮想通貨マイニングするにも、マイニング用のPCを買うお金が必要です。
この資金を調達するために仮想通貨を利用するというのが、ICO(Initial Coin Offering)という手法です。

資金調達の方法は、銀行から借りる、株式を売る、クラウドファンディングを使うなど、たくさんの方法が存在します。どんな資金調達方法でも、資金を提供する側にリスクに見合ったメリットがなければ、資金は提供されません。

これだけではICOが何なのかまったくわからないので、その他の資金調達方法と比べることで理解を深めましょう。

新株公開(IPO)

会社の株を一般に売却することで資金を得る方法をIPOといいます。
株式会社にとって株とは、会社そのものであり、その権利を売却することで資金を調達します。
IPOで担保にしているのは、会社の信頼と将来性です。
このためIPOでは、かなり信頼があり、将来性のある会社でないとまともに資金が調達できないため、IPOのハードルはかなり高く、誰もがやろうと思ってできることではありません。

投資家は、将来性のある株を手に入れることにより将来の株価の値上がりに期待して出資します。
また、株式を手に入れることで、間接的にその会社の一部を保有することになるので、会社に対して意見をすることもできます。

新仮想通貨公開(ICO)

会社の一部を差し出すIPOに対し、ICOは会社の資産をないも差し出しません。
差し出すのは、何の保証もない仮想通貨の残高だけです。
この点を考えると、ICOはIPOと名前は似ていますが、性質的にはクラウドファンディングに近いものになると思います。

クラウドファンディングは、調達した資金で作る製品の割安購入権などを差し出す代わりに、先行して資金を提供してもらうという方法です。

ICOは、クラウドファンディングで出資の見返りに「モノやサービスを受け取る」という部分を、出資の代わりに「仮想通貨を受け取る」ようにした仕組みと考えると理解しやすいでしょう。
受け取るものが通貨なので、大きく価値が変動する可能性があります。
何百倍になるかもしれませんし、無価値になるかもしれません。そこがICOの醍醐味でもあり、リスクでもあります。

投資家が、新仮想通貨の値上がりに期待が持てれば、ICOに応募し、期待ができなければICOには応募しないという流れになるでしょう。このため、出資の見返りがただのデータでしかないICOでは、ICOで発行した仮想通貨がいかに将来値上がりするかという部分を全力でアピールする必要があります。

そもそもTokyo Otaku Modeとはなんぞや?

少し話が前後しますが、そもそもTokyo Otaku Modeとは何なのでしょうか。

wikiによれば

Tokyo Otaku Modeトーキョー・オタク・モード)は、国外向けに日本のサブカルチャーコンテンツである、アニメ漫画ゲーム音楽ファッションなどの情報発信を行ったり、商品をインターネットを通して通信販売(電子商取引)する会社の1つ。

どうやら日本のオタク文化を海外に発信することで商売を行っている会社のようです。
完全に海外向けなので、日本ではメジャーではないかもしれませんが、Facebookページは、フォロワーが1900万人もいるので、海外ではメジャーなメディアになっています。

また、日本のオタク商品を販売するECサイトも展開しており、こちらもなかなかの品ぞろえ。
扱っている商品は、正規品のみという事で、まっとうな事業を行っている模様。

オタクコインが目指すもの

ICOを行うと、発行した仮想通貨の全量は投資家に分配されてしまいます。
この図でいうところの「オタクコインを手に入れる」の部分は、投資家から取引所を通して手に入れる以外の方法はないはずです。
オタクコイン発行局なるものが、オタクコインを勝手に発行することになっていますが、これではもはやただの電子マネーと同じで、仮想通貨である意味がありません。

このあたりが、オタクコインに胡散臭さを感じさせる原因かと思われます。

オタクコインがオタクに嫌われる理由

ネット上の評判だけを見ていると、仮想通貨にあんなに好意的なオタク層がオタクコインに対しては超ネガティブな反応を返しています。それ一体なぜなのでしょうか。

オタクコインという名前が悪い

そもそも「オタクコイン」という名前が悪い説。オタクという言葉は、日本では超ネガティブな言葉です。オタクという人種は、自分たちの事をオタクと自称することは許せても、オタクじゃない人間からオタクと呼ばれることを酷く嫌います。
それは今まで「オタク」いうくくりでどれだけ彼らが酷い扱いを受けていたか考えれば、想像ができるでしょう。

オタクコインなんて名前の仮想通貨で盛り上がりなんかしようものなら、ますますオタクの立場が悪くなってしまいます。

Tokyo Otaku Mode(TOM)が日本のオタクコミュニティに認められていない

オタクコインの話が出て、TOMの名前が出たとき、なんじゃそれは?と思った人は多いのではないでしょうか。
TOMは、海外に日本のオタク文化を発信することで商売をしている会社ですが、日本のオタクコミュニティとはほとんど接点がありません。いくら海外で知名度があろうが、日本のオタクコミュニティからしたら完全な部外者です。
そんな部外者な彼らにオタクコインなんてものを押し付けられるのは、日本のオタクからしたら最高に不愉快な事なのです。

構想が胡散臭い

最初に述べたように、ICOというのは資金調達の手段です。
それなのに、Tokyo Otaku Modeの共同創業者兼執行役員の秋山卓哉氏は、「資金調達が目的ではない」と矛盾したことを言っています。

資金調達が目的でないのであれば一体何が目的なのか?と世間は疑ってしまいます。
最近、ICOを利用したねずみ講まがいの詐欺が横行しており、少しでもICOで得た資金の使い道やプロジェクトに矛盾があったりすると、あっという間に信頼がなくなってしまいます。
ICOは出資者からすると、かなりハイリスクな投資なので、それに見合うだけのリターンを説明できなければ、ICOそのものが不調に終わるでしょう。

もし、本当にTokyo Otaku Modeが日本のオタク文化を盛り上げるために何かをしようとしているなら、金儲けが目的ではないと行動をもって示す必要があるでしょう。

結局買いなのか?

オタクコインが本当の意味での仮想通貨であるのなら、これだけ知名度が大きく上がった仮想通貨は、購入の検討に値するでしょう。

しかし、現在公開されている情報だけでは、ICOで得た資金の使い道が明示されていないため、購入の検討に値しないといえます。
そもそも、現段階ではオタクコインは、構想の段階で、具体的なことは何も決まっていない状態なので、頭の片隅にでも置いておいて、プロジェクトの進展を見守るしかないでしょう。