モナコイン買うために口座を作る方法(bitFlyer編)


bitFlyer
の口座は、競合のzifeより、圧倒的に早く取引を開始する事ができます。
現在、Zaifは口座開設の申し込みが殺到しており、承認に3~5日もかかるため、とりあえずbitFlyerで口座を開設することをオススメします。

というわけで、国内最大の仮想通貨取引所である bitFlyerでの口座作り方です。
ちなみに取引口座は複数作っておくのがセオリーで、理由は後述しますが、並行して他の取引所でも口座を作成しておくのをオススメします。

アカウント作成

まずは、アカウントを作ります。
bitFlyerのトップページから、メールアドレスを入力し、アカウント作成ボタンを押します。

すぐに入力したメールアドレス宛に、認証キーワードが送られてくるので、画面の指示に従い、キーワードを入力して、アカウント作成を完了します。

簡単ですね。

この状態でも仮想通貨の入金等は可能ですが、円を入金することができないので、本人確認の手続きに進みましょう。

本人情報の登録

本人情報登録では、住所氏名生年月日、電話番号などを正しい情報を登録しましょう。

登録が終わったら、利用規約等への同意が求められるので、よく読んでチェックボックスを入力してください。
次は本人確認資料の提出です。

本人確認資料の提出

本人確認資料は、ご自身の免許証などの公的機関が発行したものをスマホなどで撮って画像をアップロードします。
免許証など、一部の書類は裏表両方の提出が必要なので注意です。

本人確認資料の詳細は、bitFlyerのページを参考にしてください。

正常に処理されていれば、以下のようなステータスになるので、本人確認資料が承認されるのを待ちましょう。
だいたい1営業日で承認されます。

 

bitFlyerの場合、本人確認が完了した時点で、円による入金、仮想通貨の購入などの取引が開始できます。

郵送物の受け取り

本人確認資料が承認されると、bitFlyerから書類が送られてきます。

郵送物を受け取ったら、書いてある案内の通りに手続きを済ませ、郵送確認を完了させます。

口座開設から郵送確認を一定期間内に行わないと口座が凍結されてしまうのでめんどくさがらずに、必ず行いましょう。

複数口座を作っておいた方がいい理由

理由は単純で、1つの取引所の口座だけでは、正常に取引できなくなった時につぶしが利かないからです。正常に取引できなくなるタイミングは、だいたい相場が大きく動く時で、アクセスが集中してサーバーが不安定になり、買いたい時に買えない、売りたい時に売れないといった事態に陥ります。

取引はタイミングが重要で、複数の取引所で口座を持っていれば、売りたい時に売れない、買いたい時に買えないといった大きなリスクを回避することができます。