ccminerでGPUを指定してマイニングする方法

2017年12月1日

 

 

 

 

GPUを指定してccminerを動かすには、-dオプションまたは–deviceオプションを使います。

これだけで、GPUを指定してマイニングすることができます。

使い方は、いつもの起動時コマンドに-dオプションを設定して、使用したいGPUを指定するだけです。

ccminer.exe -a lyra2v2 -d gtx1080 -o stratum+tcp://vippool.net:8888 -u Weblogin.WorkerName -p WorkerPassword

この例ではgtx1080のGPUでマイニングするように指定しています。

ccminer1つで複数のGPUを使いマイニングを行うと、動作が不安定になる場合もあるので、安定動作の対策としても有効です。
ccminerを複数立ち上げることで、1つのGPUがクラッシュしても、他のGPUの動作に影響を与えずに済むというメリットもあります。

その他の指定の仕方の例

GPUの指定方法には、名前、IDなどが利用可能で、PCの構成によって使いやすいものを選ぶといいでしょう。

-d 0

0番目のGPUを使う

-d gtx1070

gtx1070という名前のGPUを使う

-d gtx1080#2

gtx1080の2番目のGPUを使う

-d 0,2

id0とid2のGPUを使う。

複数指定する場合は、カンマ区切りで指定する。